Newsletter 1
 
Image

自動車用バッテリーのメンテナンス

自動車の故障の最もよくある原因は、バッテリーの故障であることをご存知ですか?

自動車用バッテリーの故障には多くの理由がありますが、極端な温度変化が最もよくある原因です。この地域では、熱帯の高温が文字通り「バッテリーを殺す」ものとなっています。

放電も新品バッテリーの劣化の原因となります。特に充電器が手元にある場合には、バッテリーはほぼ確実にバックアップ電力として役立ちます。しかし、自動車の電気系でこのような放電が起こっていることがわからなければ、バッテリーが定期的に上がってしまう原因となります。

長期間保存するときにこの種の放電が発生しないようにするために、単にバッテリーの接続を外しておく場合があります。これによって自動車の電気系で発生する放電でバッテリーが上がるのを防ぐことができますが、新品のバッテリーであっても、通常の自己放電によって非常に低いレベルまで電力が減ってしまったり、回復不可能な状態になってしまうことがあります。

気候条件によるバッテリー上がりを防ぐ

気温が高い熱帯気候からバッテリーを保護するためにできることは、多くはありません。しかし、高温によるバッテリー上がりを防ぐ最善の方法として、バッテリーを常に可能な限り最も良好な状態に保っておくことがあげられます。

適切にメンテナンスおよび充電されたバッテリーは、バッテリー故障の原因となるさまざまな厳しい温度条件範囲に対応することができます。たとえば、バッテリーの電解液は気温の高い熱帯気候では蒸発しやすくなります。  

放電によるバッテリー上がりを防ぐ

通常はその影響に気づかないため、バッテリーが上がる前に放電が発生しているのを突き止めることが難しい場合があります。気づかずにヘッドライトを点灯したままにしておくことはよくありますが、この種の状況では問題があることが外から見てわかります。放電は多くの場合、自動車が停止しているときに気づかないうちに放電する部品があり、次に自動車を始動しようとしたときにスターターが正常に回っていない音を聞くまで、持ち主が気づくようなことを起こしません。

バッテリーが何度も上がってしまうのを防ぐには、このような放電の原因を特定して修正することが鍵となります。鉛蓄電池は、電圧が一定のレベル以下に低下するたびに恒久的なダメージを受けます。自動車が古く、電気配線システムに摩耗や劣化がある可能性が高い場合には、できる限り速やかにこの種の問題に対応するのがよいでしょう。

その為にわれわれアフターマーケットがあります。

放電が疑われる場合には、工場で自動車の点検を受けてください。

06/19/2018
 
 
 
Contact

For enquiries, please email to singapfsi@qlfvpore@hella.com

 
05/25/2018